ルーティン

日々の営業お疲れ様です

 

この隠し味も

なかなかルーティンワークになっていない

私から言うのもなんですが(笑)

 

毎日繰り返し行う習慣や

人生のほとんどを費やす仕事において

 

自分を変化させる

自分を成長させる

 

進化していくために必要な

観点を共有できればと思います。

 

まず大前提として

民間企業で働く以上

 

個々の成長は必須ですよね。

 

で、

 

この成長を考えた時に

2つの重要な観点があります。

 

1つ目は

新しいことにチャレンジすること

 

2つ目は

同じことをやり続けることです。

 

ちょっと矛盾しているようにも聞こえますが

深堀りしてみますね。

 

 

まず1つ目の

新しいことにチャレンジするってのは

 

やったことのない事や

関心が持てた事に挑戦することです。

 

新しいことや

未体験なことって、気分も新鮮ですし

 

経験が広がる良さがあります。

 

ただ

間違ってはいけないのが

繰り返しやってることを辞めてまで

新しいことに重きを置くこと。

 

こうした

 

新しいことの鮮度が落ちる度に

やることをコロコロ変えてしまうと

 

ビジネスマンとしての信用はなくなります。

 

広く浅い経験は

誰でも持っているからです。

 

こういう人材を

いっちょ噛みっていうんです。

 

で!

ここで重要になってくることが

2つ目に挙げた

 

同じことをやり続けること。

 

繰り返し、繰り返し

同じことを取り組むことで

 

同じものを多角で見れる観点を持てるようになってきます。

 

仕事でいえば

作業スキルが上がり、管理ができるようになり

チームが作れ、事業を広げる事が出来るようになる。

 

要は、

取り組む『こと』を変えるのではなく

 

自分が変わっていくことで

同じことが深まっていくんです。

 

そして

 

継続には

エネルギーがいるんだと気付くはず。

 

繰り返す仕事って

動作にも慣れると、鮮度も落ちます

飽きもくるでしょう

 

だから

同じことの繰り返しということは

我慢強さや辛抱といった精神が鍛えられるんです。

 

毎日、毎日

折り返しては叩く『刀』のように

鍛錬を重ねることで、信頼も固くなっていく。

 

ルーティンワークには

精神を鍛錬し、自分が変わっていかなければならない環境になるんです。

 

 

昨今

自分に合った仕事を探す求職者が多いです。

 

でも

やったことのない仕事を

半年や1年で何が分かるのでしょうか?

 

自分に合った仕事を探すのではなく

仕事に合った自分に成長すること。

 

仕事を

白米とおかずに例えると

自ら成長していけますよ!

 

 

 

 

【今日の隠し味】

おかずはチャレンジ、白米はルーティン

今日は何食べようかな!?